読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の感想をヤフー知恵袋と共に紹介。生身の人間が傷ついていく様を見るのは、なんでこんなに面白いんだ!!!泣

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を見てきました!


「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」あのヒーローが参戦!最新USトレーラー

僕は原作ファンなので、この予告を見た段階では、正直言って物足りなさを感じていたのですが。

f:id:ohayogozaimasu:20160524232118j:plain

原作だとこんなに大勢のヒーローが登場するので、今作はその迫力に到達できてないのでは…。。。

 

いくらMCU(マーベルしネマティックユニバース)が進行しているとはいえ、まだまだヒーローの頭数が少なくて原作を越えられないんじゃないか!?

 

そんな不安を抱きながらいざ劇場へ。

 

 

あらすじ

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止する。《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?(Filmarksより) 

 ざっくり言うと、「キャプテン・アメリカ VS アイアンマン」な映画です。

 

感想

生身の人間が傷ついていく様を見るのは、なんでこんなに面白いんだ!!!泣

 

f:id:ohayogozaimasu:20160525152629j:plain

まず、今作の目玉である「大乱闘ヒーロー大戦劇」が文句無しに大興奮できます!後述しますが、アベンジャーズ初登場組が揃っていい仕事しました。これを見ると今までのアベンジャーズは物足りなく感じちゃいます。ようやく役者が揃ってきた!という感じですね。

 

 

f:id:ohayogozaimasu:20160525153505j:plain

そして、それ以上に印象に残ったのは、アイアンマンとキャプテンアメリカ私情を挟み過ぎな壮絶大喧嘩です。完全に公私混同するが故、ヒーローという鎧を互いに貫き、生身の人間=トニー・スタークとスティーブ・ロジャーズとして傷つけ合う様に号泣しました!

 

 

社長(トニー・スターク)かわいそう!(泣)

スティーブもちょっとは折れろよ!!!!

と、完全にアイアンマンに肩入れしている状態ですが、私がいかにこの映画にのめり込んでいったのかを順を追って説明いたしましょう!

 

 

 

 

友達のために警察をぶっ倒し続けるキャプテン・アメリカ

ヒーローって地球守ってるって言うけど、めっちゃ街壊してね?

という発想から出来上がった「ソコヴィア協定」。アベンジャーズを国連の管理下に置こうという協定である。ヒーロー達は、賛成のアイアンマン側と反対のキャプテン・アメリカ側に分かれるも、協定は賛成派多数で可決される。

 

 

 

f:id:ohayogozaimasu:20160525153904j:plain

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

参考までに。

 

 

 

そんな矢先、キャプテンアメリカの旧友、バッキー(通称ウィンターソルジャー)がテロ事件を起こした。「き、きっと何かの間違いだ!」キャプテンアメリカ。彼はバッキーを狙う警察官共をなぎ倒し、なんとかバッキーを逃がそうとする。

f:id:ohayogozaimasu:20160525160351j:plain

ここのキャプテンがヤバすぎる。いくら友達のためとはいえ、警察をボッコボコにしていく様は冷静さを欠いているとしか思えない。「アベンジャーズ」や「ヒーロー」という枠組みを一瞬にして飛び越え、善良な警察官に暴力を振るうキャプテンに惚れた。

 

 

f:id:ohayogozaimasu:20160525160414j:plain

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

参考までに。

 

 

 

f:id:ohayogozaimasu:20160525160522j:plain

しかし!よくよく彼の話を聞いてみると、やっぱり無実の罪を着せられたバッキー。真の犯人は世界を脅かす超危険組織で、奴らを止めないとヤバい!でもそれを知っているのはキャプテンアメリカとその取り巻きだけだし、なにより「ソコヴィア協定」をいきなり破っちゃった!でもそんなの関係ねぇ!俺は元々反対派だったから、迷わず自分の正しい道を行くぜ!!!バッキーもいることだし!!!とキャプテン。

 

 

 

 

バッキーへの思いが激しい。

 

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

参考までに。

 

 

 

そんなキャプテンを見兼ねて、アイアンマンは彼らを引き止めようとする。でも本当は、キャプテンがバッキーのことばかり考えていて無性に腹が立ったのでは?

 

 

 

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

参考までに。

 

 

 

チームキャプテンアメリカとチームアイアンマンの大戦争で輝きを見せた新人たち!

今作の見せ場です!新キャラクターが続々登場!

特殊能力を持った超人達の戦いが、面白くないわけがない!!

 

 

 

スパイダーマン

f:id:ohayogozaimasu:20160525160638j:plain

スパイダーマンは他のヒーローと並ぶと、群を抜いてがある!

かっこいい!若いっていいね!!!

 

 

 

参考までに。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

くそう!アンドリューガーフィールドとエマストーンがイチャイチャするところを見れるのはアメスパだけだったのに!!!「アメスパ2」は最高なのに!!!!

 

 

 

アントマン

f:id:ohayogozaimasu:20160525160653j:plain

アントマン!!!!

アントマン単体の映画は最高に面白かったよ!!!!

 

 

 

 

参考までに。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

あっ!あっ!巨大化…!あっ!!!

 

 

ブラックパンサー

f:id:ohayogozaimasu:20160525160752j:plain

誰やお前!!!!

めっちゃ強いやないか!!!!!

 

 

 

参考までに。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

トニー・スタークとスティーブ・ロジャースの殴り合い。

映画は最終局面へ。

このアベンジャーズ内紛、実は敵に仕組まれたものだったという事実が判明する。しかし、アイアンマンは止まらない。ある個人的な理由から、キャプテンアメリカが終始可愛がっているバッキー(ウィンターソルジャー)に殺意を抱くのだ!

f:id:ohayogozaimasu:20160525162145j:plain

 

なりふり構わず殴り掛かるアイアンマン!

「やめろぉ!」キャプテンアメリカ

両者は次第に殴り合いの大喧嘩に発展する。

 

f:id:ohayogozaimasu:20160525180545j:plain

この殴り合いの喧嘩がもう悲しくて悲しくて。

アイアンスーツがボロボロになって、どんどん生身の人間=トニースタークが傷ついていく。キャプテンアメリカもマスクがボロボロでスティーブ・ロジャース丸裸になっていく。

 

ふたりが闘っているのはヒーローとしてではない。

正義などとはかけ離れた、個人的な感情による闘い。

しかし、だからこそ我々は感情移入できるし、泣けるのだ!!

 

 

それは「仮面ライダー クウガ」の最終バトルクウガ vs ン・ダグバ・ゼバ」のようだった!!!

www.youtube.com

仮面ライダークウガの主人公はオダギリジョー

このン・ダグバ・ゼバ戦ではクウガとして戦っていたつもりが、どんどんオダギリジョーという生身の人間の戦いになっていくのだ。

 

アイアンマンもヒーローとして戦っていたつもりが、身ぐるみを剥がされ、一個人としてトニー・スタークとして戦い、そして傷ついていく。キャプテンアメリカも同じく。

 

そして結末は・・・

 

 

 

 

 

最高の結末でした!!!

 

アベンジャーズ史上最高傑作といっても過言ではないのでは!?

 

オススメです!!!